将棋アマ二段以上の強い人は生活でのメリットがたくさんあります!

将棋強い人って頭良さそうだけど、生活でも色々メリットとかありそうだな〜

将棋が強い人、特にアマチュア二段以上の人は日常生活でのメリットが色々あります。

この記事では、将棋が強い人の生活でのメリットを中心に紹介します。

逆転Y
逆転Y
解説は日本将棋連盟四段の免状を保有している逆転Yがします。

将棋アマ二段以上の強い人の生活でのメリット

先読みが得意になる

1つ目のメリットは、生活の中で常に先を読む癖がつく事だと思います。

将棋は、相手よりも先を読めた方が圧倒的に勝ちやすいゲームです。

そのため、朝起きた瞬間に今日一日起こるであろう予定を頭の中でシュミレーションするのは当たり前ですし、1週間先や1ヶ月先の予定まで既に先読みして考える癖がつきます。

また先読みと同時に、こうなったらこうするというパターンを何通りも瞬時に考える事もできるようになります。

何パターンも先読みしているので、想定外の事が起こった時動じる事がありませんし、読み通りに動くので行動にも確実性があります。

頭がいいと思われる

2つ目は、頭がいいと思われる事です。

特に最近は藤井聡太三冠の活躍もあり、世間一般では将棋を指せたら頭が良いという風潮があります。

私は転職回数が多いのですが、面接の度に将棋四段を持っていますと言っています。

するとほとんどの面接官は、「将棋四段!頭がいいんですね」と返してきます。

将棋四段というレベルを理解している面接官はほとんどいないと思いますが、こういうちょっとした所でアピールになります。

(※本当に頭が良くなくても頭いい雰囲気になるので、実際無能が露呈してしまった場合、ギャップ差が激しくガッカリされるデメリットも多少はありますが…)

逆転Y
逆転Y
ファーストインプレッションは期待できます!

理数系が得意になる

3つ目は、理数系が得意になる事です。

将棋は左脳、囲碁は右脳を使うと言われています。

左脳は、計算や論理的思考を司っており、将棋をする事で左脳が鍛えられます。

結果、理数系が得意になります。

特に詰将棋を解く事で左脳が鍛えられ、長手数の問題になればなるほど左脳が強くなります。

脳内将棋ができるようになる

4つ目は、脳内将棋ができるようになる事です。

脳内将棋とは、将棋の盤と駒を使わずに頭の中だけで行う対局の事です。

脳内将棋をするにはかなりの実力が必要で盤面を覚えておく力、覚えた上でさらにその先を何パターンも読む力が必要になります。

盤と駒がなくてもどこでもできる究極の知力ゲームです。

逆転Y
逆転Y
修学旅行で将棋の盤や駒を持っていなかった時、三段の友達と脳内将棋をしたのがいい思い出です。
(最後まで辿りつきませんでしたが)

老若男女が対等に楽しめる

ここからは、二段以上でもなくても当てはまるメリットですが、将棋は老若男女楽しめます。

実力さえあれば小さな子供でも大人に勝てますし、70歳のおじいちゃんと10歳の小学生が対等に戦える数少ないゲームで、体力差なんて関係ありません。

将棋は100%実力と言われる所以のメリットとなっています。

逆転Y
逆転Y
私も小学生の頃将棋センターでおじいちゃんと良く対局していました!

お金がかからない

将棋は、とにかくお金がかかりません。

将棋をある程度習得するまでは、将棋教室に通う事になるかもしれませんが、初段くらいを超えると自分で勉強ができるようになります。今だとユーチューブでも勉強できますし

対局に関しては「将棋ウォーズ」などのオンライン対戦を利用すればほとんどお金はかかりません。家ですぐにできますし。

それに駒と盤さえあればできるので道具にもほとんどお金がかかりません

将棋は趣味としては最強と言えます。

逆転Y
逆転Y
スポーツと違い天候や怪我などにも左右されない将棋は趣味としては最強ですね!

何故アマ二段以上でないとメリットは受けれないのか?

メリットをいくつか紹介してきましたが、アマ二段くらいか上記の1〜4のメリットの恩恵を受けられるようになります。

理由は、初段くらいだと本当に少し理解した程度で深い精度のある読みをできないからです。

精度のある読みとは、次の一手を3パターン、それぞれ10手先を正確に読む感覚です。

3パターンの10手先を読めるようになってくると、そこからはどんどん成長します。

パターン数を4パターン、5パターンと増やせるようになってきたら今度は早く読む事を意識しましょう。

アマ二段以上になるために必要な事

アマ二段以上になるのに特に必要な事は、中盤のねじり合いで制する力をつける事です。

序盤は定跡、終盤は詰将棋である程度鍛えられますが、中盤に関しては実戦でしか鍛える事ができず、完全にその人の力(将棋センス)になります。

特に負けた将棋の中盤戦を分析したりする事で棋力がアップしていきます。

まとめ

以上将棋アマ二段以上の強い人の生活でのメリットを解説してきました。

将棋は、とにかくメリットばかりでデメリットがほとんどありません。

この記事を見て将棋のメリットやばい!と思った方は、二段以上を目指してみましょう!

未分類将棋

Posted by 逆転Y